企業にとって土壌汚染調査をするメリットは色々ある!
ロゴ

企業の信頼性や不動産取引の円滑化のためにも土壌汚染調査は大切!

企業にとって土壌汚染調査をするメリットは色々ある!

工事現場

土壌汚染調査の目的

企業の信頼を得たり、企業が所有している不動産取引を円滑化したりするためにも、土壌汚染調査は大切です。そもそも、土壌汚染とは、有害物質が土の中に浸透してしまい、土壌や地下水が汚染されてしまうことを言います。土壌汚染は目視で確認できるものではありません。専門的な知識を有したプロへ土壌汚染調査を依頼することが大切です。また、土壌汚染は自然に改善されるものではなく、何十年も前の汚染物質が残っている場合も多いです。したがって、過去の土壌利用状況を調査することも必要なのです。

webサイトを参考にしよう

土壌汚染調査を行いたい企業の方は、インターネットを活用して、土壌汚染調査のプロを探しましょう。Webサイトを見ると、調査内容や料金体系が分かりやすく記載されています。また、調査を行うにあたって疑問点等があればwebサイトから気軽に相談することができます。

その他の調査も行うことができる

土壌汚染調査を行っている企業は、地盤調査やボーリング調査も行っている場合があります。土壌汚染調査と並行して、企業にとって必要な調査を複数行うこともできます。複数の調査を行っている企業は、それなりに専門性が高く技術力を持っていると言えますので、安心して調査を依頼できるのではないでしょうか。

土壌汚染調査を行おう

このように、土壌汚染調査は企業にとってメリットがあると言えます。また、調査する業者を探す場合は、インターネットを活用すると便利です。では、webサイトを参考にして、土壌汚染調査のプロを探した後は、どのような流れで調査が行われるのでしょうか。以下で、土壌汚染調査の流れを見ていきましょう。

土壌汚染調査を行う流れを知ろう

お問い合わせ

まずは、webサイト等を参考にして土壌汚染調査のプロへお問い合わせをしましょう。その際に、土壌汚染調査を行う予定地に関して、業者へ簡単に説明を行います。無料で見積もりや質問を行うことができるので、気軽に相談しましょう。

地質の想定

既存の資料から、土壌汚染調査の予定地の地質を想定します。地形図や地質図をもとに行われます。また、近隣のボーダリングデータを活用して想定する場合や、現地調査を行う場合もあります。想定作業は本調査に繋がる大切な段階と言えます。

調査内容と見積もり書の提示

地質の状況などを総合的に勘案して、調査の方法や項目を明らかにします。調査方法や項目をもとに調査の見積もり書の提示が行われます。見積もり内容に疑問点などがあれば相談しましょう。また、見積もり内容に満足できない場合は取り下げができます。

契約・本調査の実施

調査内容と見積もり書の内容に納得すれば、契約を締結します。予算や調査内容を慎重に検討した上で契約を結びましょう。契約に関する注意点などがあればしっかりと確認しておくことが大切です。契約後は、業者が現地で調査を行います。

報告書の納品・調査後のサポート

調査が無事に終了したら、業者から依頼者へ、調査結果の報告書を提出します。調査後、建物の設計や施工、地盤に関するサポートを受けることができます。調査業務と並行して工事業務の相談を行うこともできます。調査後も何か疑問点等があれば気軽に相談を行いましょう。

テクノロジーに関する記事を見てみよう!

工事現場

企業にとって土壌汚染調査をするメリットは色々ある!

この記事では、土壌汚染調査をするメリットを記載しています。土壌汚染調査をすることで、企業にとって色々なメリットがあります。Webサイトを活用した土壌汚染調査の流れも解説しています。

READ MORE
科学

ハロゲン分析の対象物質を知ろう!電子機器の処分時に発生する

ハロゲン分析は、塩素、臭素、フッ素、ヨウ素の天然に存在する4つの元素を対象に行われます。電子機器の廃棄、焼却の際に発生する環境汚染物質に関連します。こちらの記事で具体的に見ていきましょう。

READ MORE
広告募集中